『二ーバーの祈り』創造的に生きたい女性へのカウンセリング

大阪で、産前・産後の女性専門のカウンセリングをしている、臨床心理士の藤澤真莉です。

訪問ありがとうございます!

私の好きな言葉、『二ーバーの祈り』

*************************************************************************************

【二ーバーの祈り】

神よ、

変えることのできるものについて

それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ

変えることのできないものについては

それを受け入れるだけの冷静さを与えたまえ

そして

変えることのできるものと、変えることのできないものとを

識別する知恵を与えたまえ

************************************************************************************************

これは、1943年に、アメリカの神学者、ラインホルド・二ーバーという人が作った、祈りの言葉です。

最初は、口頭でこの言葉が広がり、のちに書籍で取り上げられるようになって、有名になったそうです。

作られた当時は、第二次世界大戦中で、この言葉がかかれたカードが、兵士たちに配られました。

アメリカにある、アルコール依存症の断酒を目的とした当事者会、AAAはじめ、いろいろな依存症の当事者会でのモットーとしても、使われています。

二ーバーの祈りの言葉は、自分の意志や努力ではどうにもならないこと、例えば、病、死、生まれ、戦争、災害。

コントロールできない、受け入れがたい現実に直面している人には、とても響く言葉ではないかと思います。

創造的に生きたい女性へ

また、私はこの言葉を、もっと「私らしく生きたい」と願う女性にも届けたいです。

「私が私であること」は変えられないけど、「私に対する気持ち」、「この私でどう生きていくか」は変えられる。

「結婚して、子どもがいる。毎日の衣食住には困らない。

幸せなはず。恵まれているはず。

でも、なんでこんなに苦しいんだろう?

子どもが小さいから?手がかかる子だから?夫が仕事で忙しいから?

どうしてこんなに不満なんだろう?

このまま家族のためといいきかせて、人生を過ごしていくんだろうか。

自分は、わがままなのだろうか。欲張りなんだろうか。」

例えば、こんな風に思っている方。

心のうちに、常にうつうつとした気分、不安、怒り、悲しみ、苦しみを抱えている女性に、

私はカウンセリングで、お役に立てると思います。

その方が、自分らしく輝く姿を見たい、応援したい。

それが、私の喜びです。

お一人お一人の大切な心のプロセスに、ちゃんと関われたと思えた時、

つま先から頭のてっぺんまで、震える喜びを感じます。

私は、今35歳です。

85歳まで生きるとして、あと50年。

日数に換算したら、50年×365日=18,250日。

18,250日!

この数字を見て、「短い!しかも、もっと短くなる可能性だってある。生きてる時間って、限られている!」と、

あたりまえなこと、与えられている時間が有限であることを、実感します。

「この限られた時間を、どうやって生きていこう?」と考える時に、二ーバーの祈りが頭に浮かびます。

焦るのでもなく、でも立ち止まらず。

産前・産後・子育て中のたくさんの女性が、その方の本来の、自然な美しさで、生き生きとしている世界を夢見て、

ご縁のある方、会うべき方、丁寧に、誠実に関わらせてください♪

 

<出張、またはテレビ電話で、個別カウンセリング>

一回 60分 4,000円(+往復交通費)

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

<10月のセミナー予定>

産後クライシスをテーマにした、夫婦づくりのワークショップ!

いずれも、参加ご希望の方、詳細を知りたい方は、お問い合わせください。

10月23日 「夫婦づくりミニ・ワークショップ」@高槻市 ファミリーポートたかつき(無料、子育て支援センターです♪)

10月24日 「今からはじめる!夫婦づくりワークショップ」@高槻市 あかり助産院

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください