妊娠中・産後の心の悩み

大阪で、産前・産後の女性を専門に、心理カウンセリングをしています。臨床心理士・公認心理師の藤澤真莉です。

  • 妊娠中・産後に、情緒不安定、落ち込む。
  • 産後うつ病かも?
  • 流産・死産をして、孤独で、心のケア、サポートを必要としている。
  • 自分の育ちを見直したい。
  • 母親になる不安がある。
  • 赤ちゃんをかわいいと思えない。
  • とにかく、子育てがつらい!
  • 夫との関係がうまくいかない、産後クライシス。
  • 心の病気をもちながら、妊娠・子育てをしている。
  • 中絶したあとの気持ちを話したい

このような悩みに対して、あなたの全体性を尊重しながら、丁寧に話をお聴きします。

私、こんな風に思っていたんだ!

カウンセリングを通して、

  • 今まで気づかなかった自分を発見する。
  • 自分をいたわり、大事にする、自分を好きになる。
  • 夫や、赤ちゃんと、地に足のついた、信頼関係をつくる。
  • 育ちの傷と向き合い、内面から癒える。
  • 赤ちゃんの、丈夫で健康な心の育ちの基盤とつくる。
  • あなたらしく、主体的に、自分軸で生きる。等身大の自分で、人と関わることができるようになる。

このような変化が起きることを目指します。

あなたの母性が、美しく開く

赤ちゃんを産み育てる。
それは、あなたが、これまで学んできた”人を愛するとはどういうことか”を実践する時です。

あなたがしてもらったこと、してもらえなかったこと。

傷つけたこと、傷ついたこと。

成し遂げたこと、挫折したこと。

得たもの、失ったもの。

それらを拾い集め、つなぎ合わせて、あなたの物語を編むことを、私がお手伝いします。

あなたが言葉をつむぐための器になり、内側からの変容と癒しをサポートします。

怒りと悲しみは、知恵と慈愛に変えて。

心の傷あとから、光があふれるように。

そして、あなたの母性が、美しく開花しますように。

心から幸せになりたい方、

家族と愛情深く、豊かな関係を作りたい方、

自分自身をより理解したい方

そんな女性のための、心理カウンセリングです。

どんなカウンセリング?

私のカウンセリングの方法は、いくつかの心理療法を組み合わせています。

  1. 精神力動的なアプローチ
    精神分析的心理療法や、ユング派の心理療法を代表とする、伝統的な手法です。
    人の心には意識と無意識、集合的無意識、といった層があることを前提としています。
    秘密が守られ、安心して話せる環境をつくることで、
    クライアントがまだ意識化していない心の部分を、意識に浮かびあがらせます。

    そして、クライアントとカウンセラーの間で起こっている、心の動きを丁寧に見ていくことで、クライアントが幼少期から繰り返している人間関係のパターンに気づき、修正することをサポートします。

  2. 家族療法・夫婦療法
    夫婦や、家族を、これ以上分けることのできない一つの単位、一つの生き物や、一つのシステムとしてみるアプローチです。

    起こっている問題を、個人の心の問題とするのではなく、関係性の問題、システムの不具合として、そのシステムを変えることを試みます。

    また、世代を超えて引き継いだ心理的問題には、3世代ほどの家系図を描き、
    その家系に起きている心の課題を発見することで、今後の家族づくりをする上での、重要な方向性を見出すことができます。

  3. ナラティブセラピー
    ナラティブとは、物語のことです。

    クライアントには、「小さい時はこんな子で、家族はこんな家族で、学校はどこに行き・・・」といった、人生の物語があります。
    その物語は、自分にとって、否定的でつらい物語の部分もあることでしょう。
    ナラティブセラピーでは、クライアントさんを支配し、つらい気持ちにさせる物語のことを、ドミナント・ストーリーと言います。

    そして、その物語をカウンセラーに語り直すことで、出来事の意味付けが変わったり、新しい見方を発見したりすることで、新しい物語、オルタナティブ・ストーリーに、書き換えること目指します。

  4. プロセスワーク
    プロセスワークは、無意識に関するユング心理学の概念と、ゲシュタルト療法の技法を組み合わせて開発された、心理療法です。

    タオイズム(すべてのものは、自ずから然る方向に進むという、老荘思想)がベースにあります。

    身体症状や、イメージ、夢などを活用し、心のプロセス(過程)を促進する心理療法です。
    遊び心がいっぱいで、いきづまった悩みに、思いもよらないブレイクスルーをもたらしてくれます。

これらの心理療法を、相談の内容に応じて、行います。

カウンセリングは、占いのような単発のアドバイスをするものではありません。ご自身の内面を見つめる作業を、数か月の単位で行います。継続して受けていただくことで、カウンセリングの効果が出ます。カウンセリングの頻度は、相談して決めます。

面接室、出張、またはお電話でカウンセリング

  1. 大阪市鶴見区の面接室で、カウンセリングをします。赤ちゃんと一緒でもOK!古い一軒家で、おばあちゃんの家に来たような落ち着く空間です。アクセスはこちら。
  2. 出張カウンセリング大阪近郊の方は、高槻市から交通機関で2時間以内の場所でしたら、出張いたします。
    ご自宅、またはお近くのカフェなど、ご希望の場所までうかがいます。
    (往復の交通費と、飲食代を、別途頂戴します。)
  3. 電話・テレビ電話カウンセリング
    お電話・SNSアプリを利用したテレビ電話で、カウンセリングをします。
    遠方の方、妊娠中や子育て中で、外出が難しい方におススメです。
    お子様と一緒では話しにくい場合や、カウンセリングに集中したい場合は、預けていただくことをお勧めします。

自宅でOK!外出にしくい妊婦さん、ママにおススメです。

料金

1回 60分 6,000円
初回は、90分~120分 9,000円~12,000円

60分×10回セット 58,000円☜お得でおすすめです!

延長料金 10分ごとに 1600円

お支払い方法は、対面の場合は、現金で。
お電話の場合は、事前にお振込みをお願いしております。

*出張カウンセリングの場合、JR高槻駅、または阪急高槻駅から片道1時間以上かかる場合は、遠方料金として、+2000円頂戴します。

申し込み方法・カウンセリング開始までの流れ

  1. お問い合わせフォームから、ご連絡ください。
  2. こちらから、メールまたはお電話で、初回の日時のお約束をします。
  3. 初回に、相談したいことを詳しくお聞きし、私がカウンセリングをお引き受けできるかどうか、判断します。
  4. 継続カウンセリングを開始します。

注意事項

  1. 精神科、心療内科に通院している方は、医師にカウンセリングを受けたいことを伝え、許可をえてくだださい。
    そして、必ず紹介状をいただいてください。
    紹介状のない方は、原則お引き受けしかねます。

カウンセラー紹介

藤澤 真莉(ふじさわ まり)
臨床心理士

<プロフィール>

  • 神戸大学発達科学部 卒業
  • 大阪大学大学院人間科学研究科 卒業
  • 大阪府立精神医療センター松心園 心理士・・・自閉症や発達障害のお子様の発達検査、療育をする。
  • 国立病院機構刀根山病院 心理士・・・神経筋難病の患者様やご家族の心理支援をする。
    第二子の妊娠をきっかけに退職する。
  • 2017年 ふじさわマターナルカウンセリングルーム 開業。
  • 所属学会:日本心理臨床学会、周産期メンタルヘルス学会

<なぜカウンセラーになったの?>

私は、子どもの時から、「無人島に、一匹だけ動物を連れていくなら、何にする?」というような、遊びの心理テストが、なぜわかるのかか気になり、興味がありました。
また、友達から打ち明け話をされた時に、「真莉ちゃんには話しやすいわ」と、言われたことがとても嬉しかった、という経験があります。

小学校、中学校と、学級崩壊している荒れた学校だったため、女子同士のいじめや人間関係に悩みました。学校が好きじゃないのに、不登校になる勇気はありませんでした。

ひたすら優等生になることで、周囲の人から一線を隔そうとしました。今思えば、学校に行きたくない、怖い、という本当の自分の気持ちは見ないようにして、自分に金メッキを塗って、見栄えの良いハリボテを作っていくような努力をしていました。
だから、周囲からは優等生として扱われる一方で、常に自分に自信がなく、不安や苦しさがありました。

そんな中、

  • 自分がなぜ苦しいのか、まずは自分を理解したかった。
  • 世の中をスイスイ渡っていける人より、不器用に悩みながら生きている人の方が、人間らしくて好きで、興味があった。

これらのことから、心理学を勉強したいと思いました。

高校生の時に、臨床心理士という資格があることを知り、「私がなりたいのはこれだ!」と、臨床心理士になれる大学、大学院を目指しました。

<開業へのおもい>

大学院を卒業してから、病院で、心理士としての経験を積みました。

今は、結婚して、二児の母親でもあります。
第一子の妊娠中に、絨毛検査(出生前診断の一種)を受けた時、夫と意見の食い違いが生じました。
この時、

「本当に大事な亊を、夫婦で話し合うって、難しい」

と感じました。また、お腹の赤ちゃんに障害があるかもしれない不安も重なり、精神的なサポートが欲しいと思いました。

この経験がきっかけで、妊娠中や産後の女性のメンタルヘルスに関心を持つようになり、勉強しはじめました。

第二子の妊娠中に職場を退職し、これからは、産前・産後の女性の心のサポートをする仕事がしたい、自分らしく、やりたいことにチャレンジしてみよう、と思い立って、開業しました。

女性が、妊娠や出産を機に、自分らしく、主体的に輝いて生きること。

それは、その女性や家族の幸せにつながるだけでなく、健康な心を持った次世代を育てること、よりよい社会や未来をつくることに直結していると、信じています。

そのために、心理カウンセラーとして、産前・産後の心の悩みをもつ女性のお役に立ちたいのです。

無料メールマガジン

妊娠中・子育て中の女性に役に立つ、心の健康についての情報を、無料で発信しています。

登録フォームから、ぜひ、お受け取りください♪

    MENU