藤澤 真莉(ふじさわ まり)

臨床心理士/産前産後専門心理カウンセラー

 

0212

<プロフィール>

  • 神戸大学発達科学部 卒業
  • 大阪大学大学院人間科学研究科 卒業
  • 大阪府立精神医療センター松心園 心理士・・・自閉症や発達障害のお子様の発達検査、療育をする。
  • 国立病院機構刀根山病院 心理士・・・神経筋難病の患者様やご家族の心理支援をする。
    第二子の妊娠をきっかけに退職する。
  • 2017年 ふじさわマターナルカウンセリングルーム 開業。

<なぜカウンセラーになったの?>

私は、子どもの時から、「無人島に、一匹だけ動物を連れていくなら、何にする?」というような、遊びでする心理テストが、なぜわかるのかか気になり、興味がありました。
また、友達から打ち明け話をされた時に、「真莉ちゃんには話しやすいわ」と、言われたことがとても嬉しかった、という経験があります。

小学校、中学校と、学級崩壊している荒れた学校だったため、女子同士のいじめや人間関係に悩みました。学校が好きじゃないのに、不登校になる勇気もなかったのです。
ひたすら優等生になることで、周囲の人から一線を隔そうとしました。今思えば、本当の自分の気持ちは見ないようにして、自分に金メッキを塗って、見栄えの良いハリボテを作っていくような努力でした。だから、周囲からは優等生として扱われる一方で、常に自分に自信がなく、不安や苦しさがありました。

そんな中、

  • 自分がなぜ苦しいのか、まずは自分を理解したかった。
  • 世の中をスイスイ渡っていける人より、不器用に悩みながら生きている人の方が、人間らしくて好きで、興味があった。

これらのことから、心理学を勉強したいと思いました。

高校生の時に、臨床心理士という資格があることを知り、「私がなりたいのはこれだ!」と、臨床心理士になれる大学、大学院を目指しました。

<開業へのおもい>

大学院を卒業してから、ずっと病院の中で、心理士としての経験を積んでいました。

今は、結婚して、二児の母親でもあります。
第一子の妊娠中に、絨毛検査(出生前診断の一種)を受けるた時、夫と意見の食い違いが生じました。この時、「本当に大事な亊を、夫婦で話し合うって、難しい」と感じました。また、お腹の赤ちゃんに障害があるかもしれない不安も重なり、精神的なサポートが欲しいと思いました。

この経験がきっかけで、妊娠中や産後の女性のメンタルヘルスに関心を持つようになり、勉強しはじめました。

第二子の妊娠中に職場を退職し、これからは、産前・産後の女性の心のサポートをする仕事がしたい、自分らしく、やりたいことにチャレンジしてみよう、と思い立って、開業しました。

女性が、妊娠や出産を機に、自分らしく、主体的に輝いて生きること。

それは、その女性や家族の幸せにつながるだけでなく、健康な心を持った次世代を育てること、よりよい社会や未来をつくることに直結していると、信じています。

そのために、心理カウンセラーとして、産前・産後の心の悩みをもつ女性のお役に立ちたいのです。